いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い – silent space

いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い – silent space
DSC04718
Price: 1,000 Yen
Format: CD
Released in 2008 by 仲野出版

rebel and summer, 恋はもうもく, 東京スーパースターズのメンバーが在籍していた「いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い」を入荷しました。(既に解散済み。)名前は知っていたのですが音を聴いた事が無くって初めて聴いた時は「ちょっとこりゃあ、すんごいなぁ。」ってなりました。3曲33分56秒に詰まった青臭い情念とフリーキーなサウンドが心をザックリとえぐるでしょう。また「いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い」を聴いていると彼らの持っている世界観の幅の広さと吸収力の高さを感じずにはいられません。ハードコア/パンクはもちろん。それ意外の音楽への興味が滲み出ていてハードコア/パンクで語られる独自性とはまたちょっと違った風合いなのも凄く良いです。なんと言ったら良いのか… June Of 44, Indian Summerの空気感に呪術的要素が入った様な感じでしょうか?う〜ん説明がうまくいかないなぁ。80年代に中央線で活動していたIndian Summerって…何でも無いです。7inchで聴いてみたかった。

現在メンバーはrebel and summerというこれまた呪術的な素晴らしいバンドをやっているので是非チェックしてみて下さい。

宜しくお願いします。
片桐

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中