Elle – S/T 12″


Elle – S/T LP ¥1,670
Released in 2017 by Conditions

Beau Navire, Yearbooks, Loma Prietaのメンバーによって結成されたオークランドの新生エモーティブ・ハードコア・バンドによる、デビュー音源となる5曲入り片面LP。
メンバーの内訳は、Kris (Beau Navire / Yearbooks), Trei (Beau Navire), Sean (Beau Navire / Loma Prieta), Brian (Yearbooks)という面々で、つまり早い話がほぼBeau Navire+Yearbooksという編成。
音的にも正にBeau Navire + Yearbooksの融合という感じの音なんですが、そのどちらのバンドとも微妙に異なる良さがあって、これがかなりかっこいい。新しいとすら思います。

ギターの鳴りとか音色はガラス細工みたいに繊細で耽美的で狂おしい、まさにあの「Beau Navireの音」なんだけど、リズムや展開はYearbooks同様シンプルでストレート。
両方の要素が拮抗している感じが面白いし、個人的には何となくBullets*InとかThe ShiveringとかのRevolution Summer影響下のDIYエモ・バンドに通じる要素もけっこう感じました。

あとBrian氏のボーカルがYearbooksの頃よりもスポークン多用気味かつエモーティブ度上がり気味で非常にツボです。

Beau Navire, Yearbooks, Loma Prietaなどメンバーの関連バンドが好きな人は勿論、Rites of Springとかが好きな人からBlue Friendなどが好きな人までおすすめな1枚。

500枚プレスで、クリア盤は100枚のみ。先着でクリアから発送していきます。
盤自体がしっかりしてて良い音するのも最高。レコードで聴いた方が更に映える音だなと実際に聴いて思いました。
DLコードとかはついてないんですが、希望あればゴニョりますので言って下さい。笑

Bandcamp

Abject Object – Romance LP


Abject Object – Romance LP ¥1,540
Released in 2013 by Echo Canyon / Flower of Carnage / Protagonist / Corn Dog

フランス産エモーティブ・ハードコア2013年作。以前パリに旅行に行った際に現地のキッズにオススメされたバンドで、個人的にようやくLPゲットできて感慨深いです。
Gray MatterやRain, Soulside, ScreamなどのDC Hardcore / Revolution Summer影響下のサウンド。エモというよりはパンキッシュな色合いが強くて、ポスト・パンク的な感触もあります。総じてDC偏差値の高い音。

Bandcamp

Downcast – S/T LP


Downcast – S/T LP ¥810
Released in 1991 by Ebullition

こちらもEbullitionクラッシック。まだ「ニュースクール」なんて言葉が恐らく存在してなかった頃からそのプロトタイプとも呼べるミドル・テンポ、グルーヴィー、メタリックなアングリー・ハードコアをプレイし、StruggleやUnbroken, Chokehold, Seven Generationsなど後続に大きな影響を与えたDowncastの唯一のLP。
先のEPで既に完成していた音楽性から更に一歩進んで、このLPではややエモーショナルな展開も出てくるのが特徴的。
分厚いブックレットはもはや映画のパンフレット並。

Farside – The Monroe Doctrine LP (SOLD OUT)


Farside – The Monroe Doctrine LP ¥1,780 *Sold Out
Released in 1999 by Revelation

これも欲しい人いるかなと思いつつ個人的にめっちゃ好きなアルバムなので入荷してみました。
CAいなたいエモ代表格、Farsideの3枚目にしてラスト・アルバム。勢いあるパンキッシュな曲からメロウな曲、そして謎にグラインドコアみたいな曲まで色んな楽曲が入っていますが、総じて言えるのはどれも「いなたい」。そしてそれが魅力。


大名曲なんだけど、内容が生々しすぎてタイミング悪く聴くと1回聴いただけで「(500)日のサマー」1回フルで見たくらいの精神的ダメージ受ける曲。

DLコード付きです。宜しくどうぞ。

Have Heart – The Things We Carry LP


Have Heart – The Things We Carry LP ¥1,970
Released in 2006 by Bridge Nine

ボストンのストレイト・エッジ/モダン・ユースクルー・バンド、Have Heartのファースト・アルバムにして、00年代ハードコアの金字塔。
わざわざこのディストロで買う人いるのかな…と思いつつ、個人的に大好きすぎるので少量入荷してみました。

“The Machinist”から”Watch Me Rise”の流れで毎回泣きそうになります。

詳細は後日。
Bandcamp

Christie Front Drive – Stereo 12″


Christie Front Drive – Stereo LP ¥1,690
Released in 2012 by Magic Bullet (originally released in 1996 by Caulfield)

Christie Front Driveの96年リリースの2nd LPをMagic Bulletが再発したもので、正にエモ・クラッシックと呼ぶにふさわしい作品。

スロウコアともリンクするような静かで寂しく美しいサウンドで、個人的に1曲目”Saturday”から一気に違う世界連れてかれる感覚あります。

言うまでもなくおすすめです。DLコード付き。

bandcamp

Give – Electric Flower Cult 12″


Give – Electric Flower Cult LP ¥1,730
Released in 2017 by Lockin’ Out

DCのRevolution Summer影響下のポスト・ハードコア・バンド、Giveの最新12インチ。
5曲入りで、1曲が前作LPの”Electric Flower Cult”の再ミックス/マスタリング版、残り4曲が未発表曲(レコーディングは前作と同じセッションだそう)。

タイトル曲の”Electric Flower Cult”は彼ら的にも新機軸というか、個人的にこれまで「かっこいいんだけど獣臭いうえに暑苦しすぎてアルバム1枚フルで聴くのはきついな」と思ってたのが、「あ、このテイストならアルバム通して聴けそうだな」と思わせてくれた1曲。
サイケデリックなポップさや妖しげなウィスパーボイスを混ぜつつ、今までのGiveっぽさも十分感じさせてくれる曲で、従来のRevolution Summer的なイメージから正しく一歩前へ踏み出した曲なんじゃなかろうかと思います。個人的には最近のSegweiとの共鳴も感じました。
再ミックス・マスタリングしたということで、真面目なので聴き比べてみたんですが、完全に今回の方が良い音になってます。

残りの4曲に関してはレコーディング時期が同じだからか前作と似たテイストの曲が多いんだけど、中でも”Beyond the Gun”はかなりかっこいい曲。
MVも作られてます。洒落てまんな。

SegweiやDaiei Spray好きな人で名前は知ってるけどちゃんと聴いたことないな~って人には是非薦めたい1枚だし、勿論従来のファンにもおすすめな1枚。
ジャケも良い紙使ってます。良い臭いします。

full album on youtube