Arkless – S/T 12″


Arkless – S/T ¥1,050
Released in 2016 by Barely Regal / strictly no capital letters / Ruined Smile

元What Price, WonderlandのBa/VoだったAndyと、元Bird CallsのMaxらによって結成されたエモ・バンドのデビューLP。イギリスで毎晩ライブ見てましたがマジで狂うほど良かったです。

The Van PeltやNative Nodからの影響を強く感じる音ですが、BraidやFootball, etc.とかに通じるキャッチーさもあると思います。シンプルながら如何様にも解釈できる歌詞も味わい深いです。
全曲通して聴けるアルバムですが、個人的に特に好きなのは”Love”, “Clear”, “Eye”あたり。特に”Love”の転調してアップテンポになるところはエモーティブガッツポーズもの。

ギターのCalumがこのアルバムの後アメリカに引っ越してしまい3人組になりましたが、そのあとも割と活発に活動しているようで嬉しい限り。
ツアー中毎晩演奏していた新曲が最高だったので、次作も楽しみな限りですが、とりあえず今作も本当最高なので未チェックの方はマストで聴いて欲しい1枚。
盤の音も良いし宇宙的なアートワークも素敵。


Bandcamp

Soul Structure – True Love 12″


Soul Structure – True Love ¥1,200
Released in 2016 by Barely Regal / strictly no capital letters / Dingleberry

元What Price, Wonderland?のGu/VoだったJoe C率いる目下最新バンドのセカンドLP。

前作はAssfactor 4などの影響も感じましたが、今作はより隙間を生かしたエモ/ポスト・パンク寄りの音楽性になってると思います。
本人たち曰く今作はPolarisという90年代のUKのエモ・バンドから大分影響を受けているそうで。僕は知らないバンドだったんだけど、YouTubeでチェックしたら確かに似てると思いました。ていうか最高のスリントモ(Slint + emo)だなと。まだまだ90年代という名の油田から石油は出るのだなと。ちょっと何言ってるか分からなくてすいません。

そのPolarisやBob Tiltonとかを思わる隙間風エモ・パートを随所に挟みつつ、前作やJoe Cの過去バンド(WPW, Plaids, 他)の激しい要素を華麗にミクスチャーし、Joe Cのエモーティブ声で全体をラッピングした全10曲。内2曲ではThe Blue PeriodのCeliaもゲスト参加、華をそえてます。
個人的にお気に入りの曲は”Shot Once”, “Daughter”, “True Love”, “Anima Sola”など。全体的にLPだとB面ばかり溝が減るパターンですね。

Bandcamp


ArklessのAndyが編集したMV。本人たち未出演。

The Blue Period & Human Hands – Split 12″

img_2013
Price: 1,200 Yen
Format: 12″
Download Code: none
Released in 2016 by Time As A Color / Strictly No Capital Letters / Wolf Town DIY / Barely Regal / IFB / Discos Finu / Ruined Smile

単独LPではNeil Youngに傾倒したサウンドに進化していたHuman Handsは、ここでは前作のLPの方向性をより深化させたような4曲を収録。これに入ってる”Rust”と”Blank Air”は最近の彼らの曲の中で特に好きです。Moss IconからShipping Newsのファンにまでおすすめ。
The Blue Periodはイギリスでライブ見て本当に素晴らしかったんですがこの音源も同様に素晴らしい。

詳細は後日。

Bandcamp

Baader Brains – New Era Hope Colony 12″ (SOLD OUT)

DSC_0130
Price: 980 Yen *Sold Out
Format: LP
Download Code: included
Released in 2012 by Ebullition / Clean Plate / Empyre

USのDIYエモ・レジェンドSarah Kirsch (Fuel, Navio Forge, Torches to Rome, Bread & Circuits, etc.)の生前最後の作品となったBaader BrainsのLP。2012年作。ストレンジなSEやサンプリングが度々入りつつもKirsch節は完全に健在で、彼女の歴代バンドが好きな人はマスト。特に3曲目”Vostok Welcoming Party”はただのTorches to Rome。DLコードつき。残1枚。

bandcamp

Damages – Indignation 12″

DSC_0148
Price: 1,090 Yen
Format: LP
Download Code: none (Free Download at bandcamp)
Released in 2012 by React!

カナダの正しい意味での激情ハードコア・バンドの初LP。Unbrokenを思わせる狂気とUnsaneを思わせる殺伐感をShotmakerの硬質さでまとめあげたような厳格な音で完全に最高です。EPの時よりボーカルがスポークンワードを多用するようになっているのも90年代度を底上げしすぎており、至極の一言。特に4曲目”Regret”はネクストレベルのヘヴィさで危険。
ジャケやブックレットなども凝った作りになっているのも◎。データはBandcampでフリーダウンロード可。

Bail – In Closing Memories 12″ (SOLD OUT)

Bail – In Closing Memories
IMG_1297
Price: 1,570 Yen *Sold Out
Format: LP
Download Code: included
Released in 2015 by Time as a Color / Canot Pneumatique / Dingleberry / Friendly Otter / Stereo Dasein

何気に活動の長いドイツ産ポスト・ハードコア・バンドの最新作。Time as a Colorの音源全部に言えることですが、まずアートワークがめっちゃ良いです。手に取って満足するパッケージって大事ですね。
Native NodやReiziger, Sinaloaなどに通じるスポークンワードを中心とした楽曲で、大分90年代度高くてかっこいいです。おすすめは”Passerby”。こういう微妙な温度のエモ・バンドは希少だと思います。

bandcamp