Free – Ex Tenebris 7″


Free – Ex Tenebris ¥940
Released in 2017 by Triple B

元Have Heartの4/5含む新バンドによる2015年のデモに続く初正式音源。

デモの時はHave Heartの初期に立ち返ったようなストレートなハードコアで、Pat Flynnが相変わらず本当に本当に素晴らしい歌詞書いてて、やっぱこの人たち骨の髄からハードコアでほんと最高だなって思わせてくれる内容だったんですが、今作は何かいきなり印象変わったような印象受けました。
何というか、全体的にすごくストロングになったなと。楽曲もデモの時よりタフさとグルーヴ感増してるし、そもそもPat Flynnこんな太い声質だっけ?って感じで最初ちょっと戸惑ったんですが、慣れてくるとこれはこれでかっこいいしアリだなと思うようになりました。
扱うトピックはやや内省的になりましたが、相変わらず歌詞も素晴らしいし。

従来のHave Heart要素は減少しましたが、その分Freeとして独自の方向性を感じられる全4曲。Have HeartでOutspokenのカバーしてたけど、今作はちょっとOutspoken感もありますね。

Bandcamp

広告

Mindset – Nothing Less 7″


Mindset – Nothing Less ¥860
Released in 2016 by React!

残念ながら昨年解散してしまったMindsetのラスト音源。

これがまたラストにして今までで一番かっこいい音源で、ユースクルーの様式美を極めたかのような、まるで無駄のない筋肉美のようにタイトな内容。
シンガロングのタイミング、ボーカルのテンション&歌乗せ、リズムチェンジのセンスなどどれを取っても素晴らしく、3秒ごとに「うお~98点!」「ここも確実に95点!」「これはもう100点!」と脳内ユースクルー審査員が高得点を連発。
気付けばあっという間に聴き終わって聴く前より元気になってます。最高。

アートワークも秀逸な全3曲。

Bandcamp

解散ライブの映像

Firm Standing Law – Unashamed 7″


Firm Standing Law – Unashamed ¥860
Released in 2017 by Carry the Weight / Plead Your Case / Life. Lair. Regret

元xRepentancexやCold WorldのメンバーらによるUKの新Straight Edgeバンドの2016年のデモに続く初正式音源。

音楽的にはxRepentancexと比べるとメタリックさは薄目で、Judgeを基盤によりヘヴィーさやモッシーさを強調したバンド―たとえばStrife, xChorusx, Undertowなどを思わせるソリッドな90’sスタイルのハードコア。
けど何となくxRepentancexを思わせる部分が自分にはあって、なんだろうなとしばらく考えた結果、「狂的なまでの真面目さ」という点かなと思いました。
歌詞やアートワークからも明らかな通りのStraight Edge強調スタイル。全4曲。

Bandcamp

Forming – S/T 7″


Forming – S/T ¥780
Released in 2011 by Vitriol

海外のレーベルで通販するときなるべく知らないバンドのデモとか7インチも一緒に買うようにしてて、そこで新たな発見とか思わぬお気に入りのバンドが見つかったりすることがたまにあるんですが、このFormingはまさにそれで見つけたバンド。
確かリリース直後にVitriolに通販オーダーした時に一緒に買ってみて、当時めちゃめちゃ気に入って聴きまくってた7インチがこれです。今聴いても最高だな!

このバンドはGhostlimbのギターのNealが在籍していたカリフォルニアのバンドで、当時Calculatorとか周辺のライブのフライヤーでよく名前見てたのであの辺のシーンで活動していたバンドだと思います。
音的にはGhostlimb的激情ハードコア感は全くなく、むしろ初期Dinosaur, Jr.とか後期Jawbreakerとかを思い出す系のオルタナ・メロディック・エモ。そういやCalculatorのJeffが日本来たとき、当時まだ音源出してなかったCrushのことを「Formingにちょっと近い」って言ってたけど、実際ちょっと近いと思います。

とにかくこのバンドは色々良いとこが沢山あって。力の抜けたロウファイな雰囲気も愛せるし、それでいて曲構成のタイトさやオカズの入れ方にハードコアの出自を感じさせるのも◎。J. MascisのDNAを受け継ぐギターのメロディーセンスもさりげなく非凡なものを感じさせるし、あと何よりボーカルの声質とか歌い方が僕的に完全にタイプなんですよね。素人っぽいんだけど磨けばめっちゃ光るタイプ、だけどまだゴリッとしてる原石感みたいな。

ちなみにそのボーカルは現在The Molochsという60年代スタイル?のインディー・ロック・バンドやってて結構人気あるみたいです。某宿の某Love Recordsでも扱ってました。確かに声同じだ。

7インチは4曲入り。この表現よく使うけど、レコードで聴くと更に良いタイプのやつです。
多分もう解散してるけどおすすめ。

Bandcamp

Abuse of Power – When Then Becomes Now 7″


Abuse of Power – When Then Becomes Now ¥940
Released in 2017 by Triple B

USはアトランタ出身のハードコア・バンドの5曲入り7インチ。
最初New Ageからのリリースと勘違いしていたんですが、Triple Bからでした。しかし、勘違いするのも無理はないよ・・・と言いたくなるほど完璧なearly 90s New Age Recordsサウンド!
ユースとも違うしニュースクールにも繋がっていかない独特のもっさりした疾走感と、妙なエモーショナルさ、そしていなたさ。
完全に最高だし、しっかりと現代にアップデートされているのも好感度高し。
Outspoken, Mouthpiece, Undertow辺りからHave Heart, Furyなどのファンに是非聴いて貰いたい現行のバンドです。

Bandcamp

新入荷諸々


新入荷!!詳細なレビューは後ほど。

Makthaverskan – II 12″ (2014, Run for Cover) ¥1,940
キラキラ感溢れるスウェーデン産ドリーム・パンク!ライブ映像見てカルチャーショック受けました。こんなキラキラしたライブ空間があるのかと。近々新譜が出る模様です。

Loma Prieta / Raein – Split 7″ (2013, Deathwish) ¥760
大型スプリット。

Youth Funeral – See You What I See You 7″ (2015, Twelve Gauge) ¥860
グイグイ来てる系US若手エモ・バイオレンス。

Youth Funeral – Heavenward cassette tape (2016, Skeletal Lightning) ¥1,050 *Sold Out
完全にグイグイ来てる系US若手エモ・バイオレンスの初アルバム。カセットテープです。

Planes Mistaken for Stars – Prey 12″ (2016, Deathwish) ¥1,760
悪魔に魂を売ったLeatherfaceとハヤイのをやりすぎたYaphet Kottoの融合、という路線が円熟を迎え更なる進化、謎にディーパーズ的な要素すら聞こえる1枚。

Planes Mistaken for Stars – “Skull” Shirt [White / Medium] ¥1,940
クレボの某テグリティのTシャツと間違われること必至ですが実は昔から使ってるロゴを大フィーチャー。Mサイズのみ。

Praise – Lights Went Out 12″ (2014, React!) ¥1,620
ファースト。ユースクルー発の現代のVerbal Assault。

Praise – 2 Songs 7″ (2011, React!) ¥680
ユース度大分残ってます。

Praise – Leave It Behind 12″ (2016, React!) ¥1,450
浮遊感やメロウさも手に入れ大幅に表現力を増した1枚。最高すぎて去年聴きまくりました。オススメです。

Unbroken – And / Fall on Proverb 7″ (1994/2015, 31G) ¥910 *Sold Out
名盤7インチの再発。誰もが聴かなければならない。

Firm Standing Law – Unashamed 7″ (2017, Carry the Weight / Plead Your Case / Life. Lair. Regret) ¥860
xRepentancexのメンバー在籍。Judge的要素フィーチャーしつつザックザク切り刻む薙刀振り回し感健在。

City of Caterpillar – S/T Repress 12″ (2002/2016, Repeater) ¥2,050
インフルエンシャルなアルバムの再発。

Gypsy – Giants Despair CD (2012, Six Feet Under) ¥750
最高のJawbreaker直系フォロワーと見せかけてハードコア的なゴリッとしたリフを隠し味に使う。Cold World, Let Down, Stick Togetherなどのメンバー在籍。

Mindset – Nothing Less 7″ (2016, React!) ¥860
3曲入りラスト音源。エッフェッジー!

Cold Cave – Full Cold Moon 12″ (2015, Deathwish) ¥1,570
編集盤。僕がバラで買った色んなEPの曲が1枚にまとめられている!

Slow Code – Marketable Skills cassette tape (2015, Glory Kid) ¥860
US現行ド渋ポスト・ハードコア。Unwound, Lungfish, Self Defense Familyの系譜。

Burn Your Life Down – Don’t Try + Demonstration cassette tape (2011, Glory Kid) ¥680
Time for Changeのボーカル在籍のヘヴィー・ハードコア・バンド。Kiss It Goodbye, Bloodlet的殺伐カオティック・ニュースクール。

J. Bannon – “Dunedevil” Art Book (2017) ¥3,120
説明不要のJacob Bannon総裁による約300ページ近くに及ぶフルカラーのアートブック。物理的にズシリとくる重さ。

Saetia – Collected 2×12″ (2016, Secret Voice) ¥2,820
所謂クラッシックの初LP化。Level-Planeの閉鎖によりCDは廃盤だったので欲しかった方も多いのでは。

Abuse of Power – S/T 7″ (2016, New Age) ¥940
後期Outspokenの激情メタリック・ハードコアを現代に蘇らしたバンド。

Forming – S/T 7″ (2011, Vitriol) ¥780
これ知名度めっちゃ低いけど僕大好きなバンドなんです。Dinosaur Jr.の”Bug”やJawbreakerの”Dear You”をやや思わせるロウファイなインディー・エモ。

Free – Ex Tenebris 7″ (2017, Triple B) ¥940
ex-Have Heartのメンバー4人が在籍するほぼ新生Have Heartなバンドのデモに続く初正式音源。Pat Flynnの声めっちゃストロングになってる。

Police & Thieves / Remission – Split 7″ (2011, Amendment) ¥760 *Sold Out
DCのPolice & ThievesとチリのRemissionによるスプリット。どちらのバンドも最高なのでVerbal AssaultやTurning Point好きな人は聴いた方が良い。

Groundwork – “LP Cover” Shirt [Black / Small] ¥1,600 *Sold Out
先日の再結成の際にProtagonist Recordsがヒッソリと超限定でディスコグラフィーLP再発していたらしく、その際に作ったTシャツなのでオフィシャルです。こちらはLPのジャケをプリントした1枚。黒でSサイズのみ。

Groundwork – “TV Boy” Shirt [White / Small] ¥1,600
こちらはTVの前で膝を抱えた少年のデザイン。白でSサイズのみ。

Sed Non Satiata / Carrion Spring – Split 12″ (2015, Protagonist / Adagio 830 / Echo Canyon) ¥1,660
現時点での両バンド最新作。Carrion Springの成長著しいです。

Sore Eyelids – For Now 12″ (2014, Protagonist / Zegema Beach / Through Love / Tell Wilhelm) ¥1,470
説明不要かな?Suis La LuneのHenningを中心としたエモ/シューゲ・バンドの6曲入り。前作はThe Pineの影響が濃かったけど、今作はよりシューゲ度が増してます。ラルクやプラスティックトゥリー的な感じも若干ある。

V.A. – What Still Holds True 7″


V.A. – What Still Holds True ¥490
Released in 1995 or 1996 by Phyte

デッドストック!まだあるんか!と驚いた1枚。なんせ中に入っている当時の新譜の広告がBotchの7″とThenceforwardですからね。”God Free Youth”のTシャツも買えたみたいです。これだけで無闇にテンション上がらないですか?僕は上がります。

Chokehold, Dead Wait, Burst of Silence, Line Driveという後追い初期ニュースクール掘り師にとっては失禁をもやむを得ない面子の4 way splitコンピです。
個人的にはBurst of Silenceがこの中では特に好きですね。小節の最後にやるキメキメなドドッ!ドドッ!ていうフレーズが好きなんですけど、この曲は出し惜しみなく引きずりまくってて最高です。

各バンド1曲ずつ。盤面は勿論AKIRA。