Freewill – S/T 7″


Freewill – S/T EP ¥860
Released in 2016 by Mankind (originally released in 1988 as demo by themselves)

LPの再発はNew Ageからでしたが、こちらはMankind Recordsからの再発。オリジナルは自主リリースのデモカセットで、これまたかなりの入手困難音源だったので嬉しい再発。

同年リリースのLPではよりエモーショナル&メロディックな方向に進んでいましたが、このEPではまだUniform ChoiceやGorilla Biscuitsなんかに通じるメロディックなユースクルー要素も感じられます。

とはいえ完全なるユースクルーとは言い切れないし、やはりどちらかと言えばエモと言った方がしっくりくる。いや、けど全体でみると完全なるエモともやっぱり言い切れないな…という、そんな微妙なニュアンスが魅力の全7曲。このユース/エモの独特のバランスというか塩梅はけっこう癖になります。

Reason to Believe (pre-Sense Field)とかSarin, Flagman, Shadow Season, Uniform Choiceとかその辺のラインが僕は結構ツボなんだけど、同じくそういうの好きな人でまだこの音源持ってない人には絶対薦めたいし、最近のバンドだったらRemission好きな人も絶対気に入るはず。おすすめです。

フル音源。

Amber Inn – Serenity in Hand 7″


Amber Inn – Serenity in Hand EP ¥500
Released in 1995 by Ebullition

サクラメントのエモ・バンド、Amber Innの1995年リリースの7インチ。1997年のアルバムではカチッとしたポスト・ハードコア的側面を強調してて、それはそれで超かっこいいんだけど、個人的にはこの7インチが更に最高だと思う派。

前身バンドのSinker(Indian Summerの前身でもある)の方向性を発展させたような、極端に音数の少ない枯れた寂寥を感じさせる楽曲に、「呟く」「歌う」「叫ぶ」の中間を縫うようなボーカル。この2曲の雰囲気は本当に独特で、何とも説明しがたいんだけど、このジャケの雰囲気をそのまま音にしたような感じだなあと思ったりします。

引き算の美学感じます。

Indian Summer, Embassy, Current, Human Hands… この辺が好きだったら無条件でおすすめしたい1枚。

Remission – Pain Understood 7″ (SOLD OUT)


Remission – Pain Understood ¥790 *Sold Out
Released in 2013 by Amendment

チリ出身のエモーショナル・ハードコア・バンド、Remissionが2013年に出した傑作7インチ。

ユースクルーからVerbal AssaultやReason to Believe, Turning Pointなどに影響受けたエモーショナルなハードコア・バンドとして、既に一部では人気あったバンドだけど、この2曲はそこから更に一歩踏み出して、よりメロディックに、よりドラマティックに進化&深化。

かっこいいリフ(ザクザク刻みまくり)や絶妙なリズムチェンジを次々と繰り出しつつ、後半に向けて徐々に盛り上げていく曲構成の上手さ。それに芯のある強い高音ボーカルが乗るんだけど、これまで以上に明確にメロディーを歌うようになってて、それがまたいやらしくない程度にエモーティブな良いメロディー歌うんですよ。


良いなー。やっぱり。

この7″以降しばらく音沙汰がなかったんですが、現在待望の2nd LPを作成中とのこと。解散してなくて良かった…!この方向性でアルバム作ってくれたら最高だなー。

データはBandcampでNYPでDL可。

Krimewatch – Machismo / New York Nightmare 7″ (Flexi)


Krimewatch – Machismo / New York Nightmare EP (Flexi) ¥670
Released in 2017 by Boss Tuneage

2016年の5曲入りデモが最高すぎて人気急上昇中のNYの4人組ハードコア・バンド。昨年末に自主でリリースしたプロモ・カセットをフレキシ(a.k.a.ソノシート)で再発したものです。

楽曲の方向性は先のデモと完全に同じで、Minor Threatとかを思わせる(The Comesという説もあり)ストレートなハードコアに、一部日本語詞含む女子ボーカルが乗るスタイル。2曲目”New York Nightmare”の
「みっともないから邪魔するな/関係ないから邪魔するな/邪魔するなー!」
ってパートが最高です。相変わらずボーカル良い声。


ライブもイケてるなー!今年Lockin’ OutからLP出るという噂なのでそれまた楽しみっす。

bandcamp


まさかの正方形(カットされていない)。

Manrae – Pacata Hibernia 7″ (SOLD OUT)


Manrae – Pacata Hibernia EP ¥500 *Sold Out
Released in 1995 by Ebullition

イギリスの90年代中盤のエモ・バンド、Manraeの唯一残した7インチ。メランコリックかつエモーショナルなサウンドで、Moss IconやSlint, Plungerなど好きな方には是非聴いて欲しいバンド。下のレビューで楽弥君も当時書いてますが、Ebullitionリリースだからこそ2017年の今でも新品が手に入るんだなと、今回改めて思いました。

メンバーはManrae解散後Schemaというバンドを始めまして、これまた個人的にManraeを余裕で超える、というか90年代エモでトップ10入るくらい好きなバンドなんですが、たまに無料みたいな値段で中古落ちてるので時間に余裕のある学生ディガーに是非探し当てて貰いたい。



(以前のサイトに楽弥君が書いたレビュー)
Ebullition RecordsのHeartattack10 compilationにも参加しているイングランドのManraeの3曲入り7インチを入荷しました。
リリース元がEbullitionであった事もあり入荷する事が出来ました。もしこれが自主制作だったらたぶん、埋もれてしまった当時の素晴らしいバンド同様、僕達が手に取ってアートワークを楽しんで聴く事は不可能だったと思います。

90年代に突如現れたhard core/punkの暴力性、メッセージ性とも違う本当に独特でメランコリックな雰囲気を醸し出しています。
なんて言えば良いのか分からないですけども、僕は当時を体験していないし確固たる強い主張がある訳でもなくて、普通に生活してて普通に欲しい物も沢山あって満足と言えば満足。だけれど何かが満ち足りてなくて焦燥している。そんなリアリティーをManraeや周辺のバンドに感じます。

本当に扱えて嬉しく思います。
(片桐)

Crows-an-Wra – Kakotopia 7″


Crows-An-Wra – Kakotopia ¥650
Released in 2016 by Barely Regal / Boslevan Records / Adgaio 830 / Middleman

UKのプログレッシブ・エモ・バンドのLPに続く最新音源。「タイトルがなんか良いな、過去トピア?文系ビジュアル系バンド感あるけどな」とか思ってたんですが、無知晒さないために今調べたらギリシャ語でユートピアの逆、つまり「絶望郷」という意味だそうです。ホーリーシット。
1曲目の歌い出しが「俺が触れたものは全て石炭になって、世界を汚染して歪めている!」って言ってて、タイトル含め想像以上にネガティブ度高い世界観でした。

音楽的な基本路線はLPと変わらず。相変わらず機材マニアぶりが何となく想像つく浮遊感あるエキゾチックなギターと、それをタイトに2~3分でまとめるカチッとした楽曲とエモーティブな地声ボーカルで、先のLPが好きだったら安心して聴ける内容だと思います。
勿論まだLP聴いてない方も入門編としてこっちから聴いてみても良いと思います。

Bandcamp


MVがあった(しかし案の定本人たち未出演)


ライブめっちゃ良さそう。そういやArklessのAndyもTシャツ着てました。

theSun / My Chord – Split 7″


theSun / My Chord – Split ¥800
Released in 2013 by Fine Tuning

札幌エモ最高会議。theSunとMy Chordのスプリット7″で2013年作。両バンドとも現時点での最新作。DLコードつき。
theSunは前作のLPの流れを汲む”Noticed by Nobody”という1曲を収録。Portraits of Pastを彷彿とさせる・・・というレビューで表現されるバンドは実際に聴いてみると全然違うじゃん!と思うことが多いんですが、この時期のtheSunのギターサウンドは僕の中でかなりPortraits of Pastのに近い芸術性と哀愁を感じてました。途中2ビートで疾走するパートも最高。
対するMy ChordはMineralやChristie Front Driveなどの影響を感じる”Masses”という1曲を収録。昨年札幌でライブ見てああいうエモやりたくなりました。

img_1993