theSun / My Chord – Split 7″

img_1993
Price: 800 Yen
Format: 7″
Download Code: included
Released in 2013 by Fine Tuning

札幌の2大エモレジェンド、theSunとMy Chordのスプリット7″で2013年作。両バンドとも現時点での最新作。
theSunは前作のLPの流れを汲む”Noticed by Nobody”という1曲を収録。Portraits of Pastを彷彿とさせる・・・というレビューで表現されるバンドは実際に聴いてみると全然違うじゃん!と思うことが多いんですが、この時期のtheSunのギターサウンドは僕の中でかなりPortraits of Pastのに近い芸術性と哀愁を感じてました。途中2ビートで疾走するパートも最高。
対するMy ChordはMineralやChristie Front Driveなどの影響を感じる”Masses”という1曲を収録。

詳細は後日。

Akallabêth / Asthenia – Split 7″ (SOLD OUT)

image (6)
Price: 700 Yen *Sold Out
Format: 7″
Download Code: none
Released in 2016 by Wolf Town DIY / The Burden of Reflecting / Forge / Friendly Otter / Mellow Club / Rubaiyat / Ruined Smile / Two Moons

またも完全に手前味噌ですがこちらでも通販頂けます。両バンド2曲ずつ収録。ダウンロードコードはついてませんが、購入して頂いた方にはMP3送ります。もしかしたらその内name your priceになるかもしれません。

やはり自分たちの音源が7″になるというのは結構感動ありますね。。あと自分で言うことじゃないですが、レコードで聴いた方が良いなと思いました。笑

録音は毎度のStudio Zot イン阿佐ヶ谷。エンジニア、ミックス、マスタリングもずっとお世話になっているZotの久恒さんにやって頂いてます。
Asthenia側のアートワークはジャケ・インサート共にこちらも毎度の楽弥君が担当。
あと今回初めての試みとして、海外リリースということもあってちゃんとした歌詞の英訳つけたいと思って、わちゃん(ex-Blue Friend / Akutagawa)に英訳をやって貰ってます。大分良い感じに仕上げて貰ってて読み応えあるので、そちらもチェックして下さい。

以下詳細
asthenia-split-7inch2 (1)13975339_10157557415160354_3367570647371044282_o
A-1 Akallabêth – O Orofarnë, Lassemista, Carnimírië!
A-2 Akallabêth – Mithlond
B-1 Asthenia – 転んだ人に入れるえげつない蹴り
B-2 Asthenia – 生活

250 pressed / black

asthenia bandcamp
akallabêth bandcamp

宜しくお願いします。

V.A. – Wrong World 2×7″ (SOLD OUT)

IMG_2464
Price: 1,050 Yen *Sold Out
Format: EP x 2
Download Code: none
Released in 2014 by Civil Duty

Nebraskaのメンバーが中心になりオーストラリアの現行の90年代スタイルのバンドを集めた2枚組7インチコンピ。
単独音源が傑作中の傑作だったNebraskaは彼らの中では異色の2ビートで走るファストな曲を収録。疾走してもIndian Summer感をキープしつつ更に良い塩梅でフレンチ感も感じさせてくるのが最高です。他にもEmpire! Empire!より良いんじゃないか説が僕の中で出たWeightless (先日単独7″がstrictly no capital lettersより出ました)や、Swiz~Bluetip感ある渋すぎなCarbs、少しClosure感ある激情バンドCapeweatherなど色々良いバンド沢山入ってます。Bandcampなどのストリーミング、DLコードなしという厳格仕様なので是非レコードでどうぞ。

No Action – Never Close 7″

IMG_2662
Price: 690 Yen
Format: EP
Download Code: none
Released in 2014 by Civil Duty / Tenzenmen

2016年にはデビューLP発表予定のNo Actionの現時点での最新作。デビュー時に強烈だったThe Hated感は段々と薄れてており、Archers of LoafとかMission of Burmaみたいなカレッジロック/ポストパンク感が増加。かなり最近のSegweiの路線に共鳴する楽曲になってきてると思うので、以前からのファンだけでなくSegweiの”Gush”にヤラれた人とかにも是非聴いて欲しい1枚。A面”Ride in the Whirland”の歌メロのバックで別ボーカルのスポークンワードが入ってくるところが最高です。2曲入り。

bandcamp

Plough Lines – S/T 7″ (SOLD OUT)

Plough Lines – S/T
IMG_1324
Price: 700 Yen *Sold Out
Format: EP
Download Code: none
Released in 2014 by Wolf Town DIY / Barely Regal

Nai Harvestのギター/ボーカルのBenがドラムを叩くインディー・エモ・バンドの3曲入りEP。Christie Front DriveやMineral、The Autumn Yearなどを思わせる隙間の多い楽曲と下手くそな感情丸出しボーカルが好感度高いです!