“Simba: A Collection of Personal and Political Writings from the Nineties Hardcore Scene” by Vique Martin


“Simba: A Collection of Personal and Political Writings from the Nineties Hardcore Scene” by Vique Martin ¥1,810

90年代のSimba Recordings / Zineを運営していたViqueという女性による本。全258ページ。当時のSimba Zineや、彼女がHeartattaCkやFractureなどに寄稿していたコラムをまとめた1冊。

インタビューはFabric, Greyhouse, Indecision Records, Split Lip, Texas is the Reason, Lisa & Leslie (Kentと一緒にHeartattaCkを作ってた女性2人), Jordan (Revelation Records)など。コラムはまだ全然読めてないんだけど、フェミニストとしての観点からパーソナルな内容やパンクシーンの事柄を語っているとのこと。ちゃんと読んだらレビュー書きます。ちなみに名前に見覚えあるなと思ったらRevHQでメール担当してくれる人でした。

Burning Fight: The Nineties Hardcore Revolution in Ethics, Politics, Spirit, and Sound


“Burning Fight: The Nineties Hardcore Revolution in Ethics, Politics, Spirit, and Sound” by Brian Peterson ¥2,050

7年以上ぶり(マジか)の再入荷。莫大な情報量が詰まってます。



(以前のサイトに書いたレビュー)

ニュースクールを始め、エモ、アナーコ、クリシュナ、激情、カオティック、DIY、ヴィーガン、ABC No Rioといったキーワードが複雑に絡みあった90年代のハードコア・シーン。
そのぐちゃぐちゃに混沌とした90年代という時代を、総勢150人以上のミュージシャンやレーベルオーナー、アクティヴィストに取材を行い、「政治性と社会意識」、「ストレイト・エッジ」、「アニマルライツ」、「精神性(宗教)」、「サウンド」の5つのチャプターから紐解いたかなり参考度の高い本です。

前半は「政治性と社会意識」、「ストレイト・エッジ」、「アニマルライツ」、「スピリチュアリティ(宗教)」といったテーマを総勢150人以上のミュージシャンやレーベルオーナー、アクティヴィストが語るコーナー。EbulltionのKent McClardやMike KirschなどのプロDIYな人物は勿論、Raidみたいなガチガチのヴィーガン至上主義者、MadballのFreddyみたいなタフガイ、はたまたSleepytime TrioのBen Davisまでを平等に取材しているからよくあるイデオロギーの押し付け的な側面はほとんど感じられないし、各々の意見の違いや意外な共通項が見つかって面白いです。
出てくる人物(一部):Kent McClard (Ebullition Records, Heart Attack Zine), Mike Kirsch (Fuel, Navio Forge, Bread and Circuits, etc.), Brian Dingledine (Catharsis, Inside Front Fanzine), Daryl Taberski (Snapcase), Ben Davis (Sleepytime Trio, Milemarker), Mike Hartsfield (Outspoken, New Age Records), Scotty Nimet (More Than Music Fest), Chris Logan (Chokehold, Goodfellow Records), Steve Lovett (Raid), Dennis Lyxzen (Refused), Freddy Cricien (Madball), Adam Nathanson (Born Against), Kurt Schroeder (Birthright, Catalyst Records), Chad Neptune (Strongarm), Scott Beibin (Bloodlink Records), Nate Wilson (Monster X, Das Oath), Ian Mackaye (Minor Threat, Embrace, Fugazi), etc.

後半は「Sound」。一つ一つのバンドに焦点を当てて、結成から解散、その後までをインタビューして特集。まあ若干ニュースクールに偏りすぎてる感はありますが、どのバンドも嘘みたいな(まあ実際いくつかは誇張もあるんだろうけど)ドラマだらけです。
個人的に好きなエピソードは、後期Unbrokenのあの吹っ切れたサウンドがDrive Like JehuやRocket from the Cryptからの影響だった話、今まで公の場でほとんど語られることのなかったEric Allenの最期、文字通り泣きながら演奏していたというEndpoint, 曲の途中に機材トラブルで音が出なくなった後もキッズのシンガロングだけで最後まで通したUndertow, Inside Out解散を最後まで阻止しようとしていたZack de la Rocha, Strifeの”One Truth”がStraight Edgeのことではなく彼女へのラブソングだった話など。

こんだけネタばらして大丈夫なの!?と思われるかもしれませんが、マジでこれだけでもほんの氷山の1部です。詳しくは本文で。

あの頃を懐かしがったり、憧れたりしても何も始まらないけど、読んで何か今日に活かせるものがあるならそれは意味のある行為のはず。
現代でハードコアバンドをやるにあたっての案とヒントとして、もしくはトイレのお供として。

Contents:
・Chapter One: Politics and Social Awareness
・Chapter Two: Straight Edge
・Chapter Three: Animal Rights
・Chapter Four: Spirituality
・Chapter Five: Sound (intro)
・108
・Avail
・Burn
・Cave In
・Coalesce
・Damnation A.D.
・Deadguy
・Disembodied
・Downcast
・Earth Crisis
・Endpoint
・Groundwork
・Guilt
・Inside Out
・Integrity
・Los Crudos
・Mouthpiece
・Racetraitor
・Ressurection
・Rorschach
・Shelter
・Spitboy
・Split Lip / Chamberlain
・Strife
・Swing Kids
・Texas is the Reason
・Threadbare
・Trial
・Unbroken
・Undertow
・Vegan Reich