Burn Your Life Down – Don’t Try + Demonstration cassette tape


Burn Your Life Down – Don’t Try + Demonstration cassette tape ¥680
Released in 2011 by Glory Kid

元Time for Changeのボーカルのゴメス氏と元Restrainedの楽器隊の面々によって結成されたバンドのデモテープと7″の音源をまとめた8曲入りカセットテープ。

デモ音源のときはもろにストレートでハイテンションで、剃刀みたいに尖っては触れるものみな完膚なきまでに切り刻む系の殺伐ハードコア路線。Left for DeadやThe SwarmをGlory Kid的にしたような凄まじく狂的なハイテンションさでめちゃめちゃかっこいいです。ゴメス氏のボーカルは本当最高のハードコア・ボイスだなあ。

7″になるとそこから方向性変わり、BloodletやKiss it Goodbyeなど、わざわざそこ狙うか的なマニア向けニュースクール路線に変貌。キャッチーさ皆無の分かりにくいスラッジ感などもあり中々の変態度高いサウンドですが、ボーカルがキャッチーなのでBloodletとかと比べると比較的聴きやすい部類に入ると思います。

ゴメス氏これ以降バンドやってなさそうだけどまたやって欲しいな。DLコードつき。

Don’t Try 7″ bandcamp
Demo bandcamp

広告

新入荷諸々


新入荷!!詳細なレビューは後ほど。

Makthaverskan – II 12″ (2014, Run for Cover) ¥1,940
キラキラ感溢れるスウェーデン産ドリーム・パンク!ライブ映像見てカルチャーショック受けました。こんなキラキラしたライブ空間があるのかと。近々新譜が出る模様です。

Loma Prieta / Raein – Split 7″ (2013, Deathwish) ¥760
大型スプリット。

Youth Funeral – See You What I See You 7″ (2015, Twelve Gauge) ¥860
グイグイ来てる系US若手エモ・バイオレンス。

Youth Funeral – Heavenward cassette tape (2016, Skeletal Lightning) ¥1,050 *Sold Out
完全にグイグイ来てる系US若手エモ・バイオレンスの初アルバム。カセットテープです。

Planes Mistaken for Stars – Prey 12″ (2016, Deathwish) ¥1,760
悪魔に魂を売ったLeatherfaceとハヤイのをやりすぎたYaphet Kottoの融合、という路線が円熟を迎え更なる進化、謎にディーパーズ的な要素すら聞こえる1枚。

Planes Mistaken for Stars – “Skull” Shirt [White / Medium] ¥1,940
クレボの某テグリティのTシャツと間違われること必至ですが実は昔から使ってるロゴを大フィーチャー。Mサイズのみ。

Praise – Lights Went Out 12″ (2014, React!) ¥1,620
ファースト。ユースクルー発の現代のVerbal Assault。

Praise – 2 Songs 7″ (2011, React!) ¥680
ユース度大分残ってます。

Praise – Leave It Behind 12″ (2016, React!) ¥1,450
浮遊感やメロウさも手に入れ大幅に表現力を増した1枚。最高すぎて去年聴きまくりました。オススメです。

Unbroken – And / Fall on Proverb 7″ (1994/2015, 31G) ¥910 *Sold Out
名盤7インチの再発。誰もが聴かなければならない。

Firm Standing Law – Unashamed 7″ (2017, Carry the Weight / Plead Your Case / Life. Lair. Regret) ¥860
xRepentancexのメンバー在籍。Judge的要素フィーチャーしつつザックザク切り刻む薙刀振り回し感健在。

City of Caterpillar – S/T Repress 12″ (2002/2016, Repeater) ¥2,050
インフルエンシャルなアルバムの再発。

Gypsy – Giants Despair CD (2012, Six Feet Under) ¥750
最高のJawbreaker直系フォロワーと見せかけてハードコア的なゴリッとしたリフを隠し味に使う。Cold World, Let Down, Stick Togetherなどのメンバー在籍。

Mindset – Nothing Less 7″ (2016, React!) ¥860
3曲入りラスト音源。エッフェッジー!

Cold Cave – Full Cold Moon 12″ (2015, Deathwish) ¥1,570
編集盤。僕がバラで買った色んなEPの曲が1枚にまとめられている!

Slow Code – Marketable Skills cassette tape (2015, Glory Kid) ¥860
US現行ド渋ポスト・ハードコア。Unwound, Lungfish, Self Defense Familyの系譜。

Burn Your Life Down – Don’t Try + Demonstration cassette tape (2011, Glory Kid) ¥680
Time for Changeのボーカル在籍のヘヴィー・ハードコア・バンド。Kiss It Goodbye, Bloodlet的殺伐カオティック・ニュースクール。

J. Bannon – “Dunedevil” Art Book (2017) ¥3,120
説明不要のJacob Bannon総裁による約300ページ近くに及ぶフルカラーのアートブック。物理的にズシリとくる重さ。

Saetia – Collected 2×12″ (2016, Secret Voice) ¥2,820
所謂クラッシックの初LP化。Level-Planeの閉鎖によりCDは廃盤だったので欲しかった方も多いのでは。

Abuse of Power – S/T 7″ (2016, New Age) ¥940
後期Outspokenの激情メタリック・ハードコアを現代に蘇らしたバンド。

Forming – S/T 7″ (2011, Vitriol) ¥780
これ知名度めっちゃ低いけど僕大好きなバンドなんです。Dinosaur Jr.の”Bug”やJawbreakerの”Dear You”をやや思わせるロウファイなインディー・エモ。

Free – Ex Tenebris 7″ (2017, Triple B) ¥940
ex-Have Heartのメンバー4人が在籍するほぼ新生Have Heartなバンドのデモに続く初正式音源。Pat Flynnの声めっちゃストロングになってる。

Police & Thieves / Remission – Split 7″ (2011, Amendment) ¥760 *Sold Out
DCのPolice & ThievesとチリのRemissionによるスプリット。どちらのバンドも最高なのでVerbal AssaultやTurning Point好きな人は聴いた方が良い。

Groundwork – “LP Cover” Shirt [Black / Small] ¥1,600 *Sold Out
先日の再結成の際にProtagonist Recordsがヒッソリと超限定でディスコグラフィーLP再発していたらしく、その際に作ったTシャツなのでオフィシャルです。こちらはLPのジャケをプリントした1枚。黒でSサイズのみ。

Groundwork – “TV Boy” Shirt [White / Small] ¥1,600
こちらはTVの前で膝を抱えた少年のデザイン。白でSサイズのみ。

Sed Non Satiata / Carrion Spring – Split 12″ (2015, Protagonist / Adagio 830 / Echo Canyon) ¥1,660
現時点での両バンド最新作。Carrion Springの成長著しいです。

Sore Eyelids – For Now 12″ (2014, Protagonist / Zegema Beach / Through Love / Tell Wilhelm) ¥1,470
説明不要かな?Suis La LuneのHenningを中心としたエモ/シューゲ・バンドの6曲入り。前作はThe Pineの影響が濃かったけど、今作はよりシューゲ度が増してます。ラルクやプラスティックトゥリー的な感じも若干ある。

Yearbooks – See You Next Year


Yearbooks – See You Next Year ¥750
Released in 2014 by Conditions

Elle, Beau Navire, Super Unison, Street Smart Cyclistなどのメンバーが在籍していたオークランドの4人組エモーティブ・ハードコア・バンドの6曲入りカセットテープ。
ドラマーのKrisが運営するConditions Recordsより、100本限定でのリリース。

このバンド恥ずかしながら当時見過ごしてたんですけど、独特で良いですね~。
Beau Navireを彷彿とさせる儚い耽美な狂おしさもありつつ、ElleやSuper Unisonの前身になったというのも何となく分かる、シンプルさもある音。
激情エモをスタートとして、エモやシューゲ、耽美なニューウェーブ/ポスト・パンクなどを経由してインディーロックへと繋がっていく、そんな音です。
わりとストレートなリズム展開の楽曲でキャッチーなフックのある曲が多く、曲も短いので聴きやすさすらありますね。

データはBandcampでフリーで落とせますが、ジャケの紙質やテープのクオリティも高いので、フィジカルでも持っていて損はない1枚(個?)だと思います。

ElleやBeau Navireなどが好きな人は勿論、Sore EyelidsやFugazi, Healing Powers, Super Unison, Anne, Blue Friendなど好きな人にもおすすめ。

Kubiak – Demo Tape

img_2003
Kubiak – Demo ¥720
Released in 2016 by themselves

ilillの3人にex-Blue FriendのSho君が加わった4人組のデモ音源。最初ヨハネスにデータ送って貰った時、良すぎてビビりました。何これ完璧じゃんと。

Sho君が入ったことでより激情ハードコア色が強くなるのかなと思ったら、その逆でJune of 44とかSlint, 初期Cerberus Shoal, デモ時代のCity of Caterpillarとかを思い出すようなドープな90年代スタイル。寂寥感を煽るフレーズのループ、絶妙なドラムの抜き差し、そこに乗るスポークンワードのボーカル、そして薄っすらとメロディーを歌うボーカルとSho君の絶叫。全てが完璧。

歌詞はヨハネスの母国語であるドイツ語で、移民排除の傾向に対しての意見とのこと。英訳か日本語訳どちらかを読みたさあります。2曲目はよりハードコア色が強い曲で、こちらの方がilill + Sho君というイメージに近い音。

ilillはたった1年の活動期間でDIYのエモ・バンドがやれる可能性があることほぼ全てやりつくしたバンドだなと思ってるんですが、サイドプロジェクトで素晴らしいデモ残して2回だけライブして解散とかもうズルいっすね。笑

Download

Thawed Out – Demo Cassette

Thawed Out – Demo Cassette
DSC05150
Price: 560 Yen
Format: Cassette Tape
Download Code: none (Free Download at bandcamp)
Released in 2011 by Eat a Book

Human HandsのChazのレーベルよりリリースされたバーミンガム出身、音楽性・音質共にRAW極まりないハードコア・バンドのデモカセット。最近LPをリリースしましたが、このデモはそれより更に野獣味溢れるノイズまみれな音楽性です。
聴いてるだけで汗と唾が飛んできそうなUKのリアル地方ハードコアの闇を感じたい方に打ってつけ。
Cult RitualやTotal Abuse辺りから初期Ceremony, それと勿論Negative Approachなど好きな方にお薦め!

Band Name – Excitable Boy Cassette Single

Band Name – Excitable Boy Cassette Single
DSC05136
Price: 560 Yen
Format: Cassette Tape
Download Code: none (Free Download at bandcamp)
Released in 2010 by Eat a Book

日本のMalegoatとも親交のあるアメリカはフィラデルフィア出身のポップ・パンク・バンドによる3曲入りシングル。
男女混成ボーカルによるポップなメロディーと、ガレージ風味も感じさせるラフな楽曲が印象的。
DiscountやJ Churchなどが好きな方は勿論、Snuffy Smile(s)のバンド好きな方もイケるのではないかと思います。
インサートのイラストや手書きフォントも手作り感あって良い感じです。
100本限定。